メソセラピーの実際の最近のブログ記事

当院ではメソセラピーに代謝や血流を上げる成分をカクテルしています。メソセラピーをお受けになっている期間は、通常よりも代謝が高くなっています。この状態で運動をすると、全身の脂肪が効率よく燃焼され、痩せやすくなっています。

メソセラピーの効果を上げるためには、腫れや痛みがある程度治まってから運動して下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

次のような方はメソセラピーを受けることができません

● 妊娠中・授乳中の方
● 心臓・肝臓・腎臓疾患をお持ちの方
● 高脂血症のある方
● 脳卒中の既往のある方
● 糖尿病、血液疾患のある方
● 大豆アレルギーのある方
● 貧血の方
● 脳卒中の既往のある方

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピーは次のような手順で行うと効果的です。

● メソセラピーは2週間間隔で行うと効果的です。
● 1回につき、両手のひら程度の治療が可能です。
● メソセラピーはメディカルダイエットと組み合わせるとより効果的です。
● メソセラピー1週間後から軽くマッサージして血流を促すと治療効果がアップします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー直後から腫れが出現して、チリチリと火照るような痛みが起こります。この痛みは10分程度で治まります。その後は筋肉痛のような鈍い痛みが続きます。強い痛みではなく、押すと痛い程度の痛みで、日常生活は問題なく送ることができます。痛み止めを処方しますので、痛みが辛い方は内服して下さい。

メソセラピー後の痛みや腫れには個人差があり、ブーツやタイトなパンツがはけなくなるくらい腫れる方から、ほとんど痛みや腫れを感じない方まで様々です。腫れが強い方には腫れ止めの薬を処方します。

メソセラピー1週間後、痛みや腫れが穏やかになってから、血流を促すように軽くマッサージをすると、メソセラピーの効果がアップします。

注射部位に内出血が起こることもあります。内出血の跡は通常2週間程度で消失します。

脂肪細胞から溶け出た脂肪が血液の中に吸収されて排出されるのには時間がかかります。効果が実感できるのは治療から1~2ヶ月程度経ってからとお考え下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー後はチリチリした痛みが出現します。クーリングでこの痛みが楽になります。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー

極細の針でメソセラピーを40ヶ所程度に注射します。注射の痛みはわずかです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピーマーキングメソセラピーを行う部位にマーキングします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー麻酔メソセラピーを行う部位にクリーム麻酔を塗り、痛み止めを内服します。麻酔と痛み止めによってメソセラピーに伴う痛みがかなり軽減されます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピーカウンセリングメソセラピーの経過、リスクなどを説明します。メソセラピーに関する不安がある方は遠慮せずお聞き下さい。
その日はそのままメソセラピーをお受けいただくことも、カウンセリングだけでお帰りいただくこともできます。どうぞ十分納得してからメソセラピーを始めて下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピーの後は、次の点にご注意下さい。

● メソセラピーを受けた直後から日常生活を送ることができます
● 当日からシャワー可能です
● 強い腫れがある場合は、ある程度腫れがひくまで運動を控えて下さい。
● 強い腫れには腫れ止めを処方しますので、内服して下さい。
● 治療1週間後からやさしくマッサージすることでメソセラピーのより高い効果が期待できます。
● メソセラピー後の痛みが強い場合は処方された痛み止めを内服して下さい。

| コメント(0) | トラックバック(0)