メソセラピーの副作用

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー後に、注射部位の腫れや内出血、筋肉痛のような痛みが出現することがありますが、次第に軽快します。

メソセラピーで使用する脂肪溶解剤・フォスファチジルコリンは高脂血症や脂肪肝などの治療に使われる医薬品でFDA認可の安全な薬です。ただ、他の医薬品と同様、アレルギー反応(皮疹や気分不良、かゆみ等)が出現する可能性があります。アレルギー症状が強い場合は薬で対処します。

メソセラピーに使用する脂肪溶解剤・フォスファチジルコリンは大豆成分・レシチンを含むため、大豆アレルギーのある方はメソセラピーを受けることができません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mesotherapy.jp/MT/mt-tb.cgi/5

コメントする