大豆で痩せる?

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピー(脂肪溶解注射)の中心となる成分はフォスファチジルコリンです。これは、大豆に含まれる「レシチン」と同じ成分です。

フォスファチジルコリンは脂肪を溶かして乳化させる作用があります。

大豆をたくさん食べても、フォスファチジルコリンが脂肪に直接作用することはできませんが、メソセラピーでは、脂肪組織に直接フォスファチジルコリンを注入して、周囲の脂肪組織に働きかけるので、脂肪が効果的に溶けるのです。

大豆製品にアレルギー症状が現れる人は、レシチンに対してアレルギーがある可能性があるので、メソセラピーは受けることができません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mesotherapy.jp/MT/mt-tb.cgi/39

コメントする