メソセラピーの歴史

| コメント(0) | トラックバック(0)

メソセラピーは 1952年に フランスで開発されました。治療箇所に注射器や医療器具を用いて少量の薬液をダイレクトに注入する治療法全般を指します。

全身あらゆるところへの治療が可能です。様々な症状に対する薬の組合せがあり、脂肪溶解注射をはじめ、アンチエイジング(しわ・たるみ)、円形脱毛症、皮膚の瘢痕(妊娠腺・傷跡)治療、スポーツ医学、関節痛・四十肩などの疼痛治療等、幅広く応用されています。

美容のための現在のメソセラピー(脂肪溶解注射、アンチエイジング用メソセラピー)はアメリカで発達しました。

当院では脂肪溶解注射のメソセラピー、アンチエイジングメソセラピー、育毛メソセラピー、プラセンタメソセラピー療法を行っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mesotherapy.jp/MT/mt-tb.cgi/18

コメントする